カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

米大手ソーシャルレンディング会社がネット銀行を約200億円で買収

投稿日:2020年2月24日 | 執筆:カナメ先生
Lending Club(レンディングクラブ)

2020年2月18日、米大手ソーシャルレンディング会社のLending Club(レンディングクラブ)が、ネット銀行「ラディウス」を1億8,500万ドル(約200億円)で買収することを発表しました。

Lending Club(レンディングクラブ)とは

Lending Club(レンディングクラブ)のWEBサイト

アメリカ国内で最大級のソーシャルレンディング事業者です。インターネット上で個人間の融資を仲介する仕組みを提供し、2019年は123億ドル(約1兆3,500億円)の融資を仲介しています。

提供するローンは「個人ローン」「ビジネスローン」「自動車ローンの借り換え」「患者向けローン」などで、全てのローンは無担保の個人ローンとなっています。

金利に関しては、信用スコア、信用履歴、希望額、収入、負債比率などに基づきLending Clubが決定します。融資額は1,000ドル~40,000ドル(約11万円~約440万円)であり、融資期間は3~5年となっています。

Radius Bank(ラディウス銀行)とは

Radius Bank(ラディウス銀行)のWEBサイト

1987年に創業したマサチューセッツ州ボストンに拠点を置くネット銀行です。マサチューセッツ州で最も成長している銀行の1つであり、14億ドル(約1,540億円)の総資産を保有しています。

ニューヨーク証券市場に上場している「Bankrate」という金融メディアで「ベストオンラインバンク2020」を獲得しています。以下はBankrate.comのレビューをGoogle翻訳したものです。

Radius Bankに関するレビュー

カナメ先生の見解

ソーシャルレンディング会社が銀行を買収するなんて凄いニュースです。
そして、Lending Clubの仲介額(約1兆3,500億円)が恐ろしい数値です。
ちなみにSBIソーシャルレンディングの2019年の募集総額は312億円です。

・日本のGDP → アメリカの4分の1
・日本の消費者金融業界の貸付残高(消費者向け) → 約6.4兆円
・日本の消費者金融業界の貸付残高(事業者向け) → 約17.0兆円
・日本の消費者金融の貸付金利 → 16%以上が7割を超える
・アイフルの総資産は7,605億円

※消費者金融業界の数値は金融庁が公開している最新データを利用しています。

これらをデータを見ると、信用情報取得システムと信用スコア算出が洗練されていけば、まだまだ国内ソーシャルレンディング業界の成長は期待できます。遠い先の話ですがいつかは個人向け融資サービスも復活するかもしれません。

大手ベンチャーキャピタルがクラウドクレジットに出資する気持ちも分かります。

評価B+クラウドクレジットの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)とは?利回り、運用期間、特徴など
新しい不動産クラファン「ダーウィンファンディング」は序盤に投資妙味あり
新しい不動産クラファン SOLS(ソルス)を徹底分析!2号は劣後出資比率87.9%
Fundsのファンドが楽天証券で買える!どちらで買うほうが得なのか?
SBISLとの合併によりバンカーズはどう変化した?募集額、利回り、決算情報など
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter