カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(155)ブログ(683)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

SBIソーシャルレンディングのファンド募集が急増!当月は5本&28億円を突破

投稿日:2019年11月21日 | 執筆:カナメ先生
SBIソーシャルレンディングのファンド募集推移

2019年3月の匿名化解除あたりからファンド募集量が控えめになっていたSBIソーシャルレンディングですが、2019年11月は21日の時点で「ファンド数5本&募集金額28億円」を突破しています。

SBIソーシャルレンディングが11月に募集したファンド一覧

募集日ファンド名利回り運用期間募集額
11月8日不動産ディベロッパーズローンファンド18号8.0%20ヶ月5億
11月12日地域創生ローンファンド1号 ~札幌~5.0%10ヶ月4.1億
11月13日不動産担保ローン事業者ファンドNeo 7号6.0%12ヶ月7億
11月20日メガソーラーブリッジローンファンド24号7.0%12ヶ月8.56億
11月21日不動産ディベロッパーズローンファンド19号6.0%10ヶ月4億

・デベ18号 = 熱海ホテル計画・2回目融資(1回目はデベ16号)
・地域創生1号 = 上場企業への融資
・Neo7号 = 毎度おなじみのB社への融資
・太陽光24号 = 今年3本目の太陽光案件・協業ローンファンド
・デベ19号 = 浅草ホテル計画・借手がSPCではない

販売状況

どのファンドも即完売になっています。やはり、SBIソーシャルレンディングの人気は圧倒的です。しばらく、「不動産担保ローン事業者ファンドNeo」以外の募集が少なかったので「SBISL内で分散したい」という需要が大きかったのでしょう。

カナメ先生の見解

「貸付先がSPCばかり」「ローン事業者ファンドNeoの貸付先がB社ばかり」などの不満はありますが、結局のところ現在のソーシャルレンディング業界において、SBIソーシャルレンディングへの投資が最有力であることに間違いありません。

そういった状況において、ファンドのバリエーションが増えるのは単純に喜ばしいことです。

2019年3月の匿名化解除はソーシャルレンディング業界全体に大きな影響を与えました。徐々に貸付先公開に理解のある企業が増えていくことを願っています。

評価休止SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

Funds(ファンズ)

ブログの同カテゴリ記事一覧

FUELの3番目の専用サイトはディアライフ!CREや高島屋に劣らない魅力
オーナーズブックの6.2億円ファンドが即完売!大人気の理由と注意点
クラウドクレジットが約11億円の資金調達!出資企業は三井住友海上とGMO
Fundsが20億円を調達!2つの弱点が解消されてメイン投資先の有力候補に
オーナーズブックの株主優待枠は本当に投資しやすいのか?比較してみました
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter