カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

続報!クラウドクレジット・ペルー小口債務者支援プロジェクトファンドの返済状況

投稿日:2019年8月19日 | 執筆:カナメ先生
2019年6月14日にクラウドクレジットから発表された「ペルー小口債務者支援プロジェクトファンドの返済遅延」ですが、その後は計画通りに返済が進んでいます。

対象ファンド(25ファンド)

ファンド名
【円建て】ペルー小口債務者支援プロジェクト21号~45号
【ソル建て】ペルー小口債務者支援プロジェクト1号

ペルー小口債務者支援プロジェクトは現地で債権回収業を営む「Kobranzas S.A.C.社グループ」とのジョイントベンチャーを通して、現地金融機関から延滞している零細企業向けローンや消費者向けローンを額面より安く購入し、債権回収を行うことで収益を得ること目指すファンドです。

延滞債権は数千件から数万件をまとめたポートフォリオ単位で割引購入し、債権者と減免交渉を行いながら回収を進めています。

カナメ先生の投資状況

ファンド名ペルー小口債務者支援プロジェクト35号
投資日2017年4月4日
分配終了予定2020年4月上旬(運用期間 36ヶ月)
投資元本160,000円
分配総額93,393円
元本残高66,607円

このような状況でしたが、延滞が発表されたことで最終分配月が2021年5月に延期されました。延期発表前の毎月分配額は4,500~4,700円程度でしたが、延滞発表後の分配額は2,500円前後(以下詳細)になっています。

2019年7月12日2,785円
2019年8月15日2,390円

この先も継続して返ってくるかは不明ですが、分配が続くのは嬉しいかぎりです。

カナメ先生の見解

海外投資におけるリスク&コストの高さやサイトの使いづらさが原因で評価が上がりづらかったクラウドクレジットですが、最近は以下の要素から人気を高めています。

・他社を凌駕する情報開示の充実
・安定したファンド供給
・延滞発生時の対応(カメルーン案件除く)
・質の高いセミナー開催
・SBIインベストメントの出資

ペルー小口債務者支援プロジェクトファンドの完済はまだまだ先のことですが、堅実に返し続けることで信頼性を高めています。

評価B+クラウドクレジットの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

オーナーズブック「大阪市延滞ファンド」の第7報!元本償還への見通しは?
大丈夫なのか?オーナーズブックの延滞ファンドにおける競売申立ての取下げ
maneo(マネオ)に約6億円の賠償判決!出資金使途の虚偽表示が認められる
オーナーズブック「大阪市中央区ホテル素地」の第3報!評価額マイナス36%
イセ食品が経営破綻!バンカーズは見解発表により信頼性を上げたのか?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter