カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(190)ブログ(905)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBIソーシャルレンディングが第12期の決算情報を開示!当期は2.35億円の黒字

投稿日:2019年7月5日 | 執筆:カナメ先生
SBIソーシャルレンディングが第12期(2019年3月期)の決算情報を開示しました。

項目2019年3月期2018年3月期
① 税引前純利益2.35億円1.42億円
② 純資産4.9億円2.3億円
③ 利益剰余金-3.1億円-5.1億円
④ 匿名組合預り金365.9億円225.3億円
⑤ 匿名組合損益分配額15.2億円8.6億円

[外部リンク] SBIソーシャルレンディングの決算公示一覧

① 税引前純利益

前期に引き続き黒字達成(2.35億円)です。
しかも、前期から1.65倍という大躍進です。

② 純資産

前期から2.6億円を積み増して4.9億円になりました。
非常に安心できる数値です。

③ 利益剰余金

この数値は創業時から累計の損益です。
第9期(2016年)のマイナス6.6億円が最大値で、第10期(2017年)以降は3期連続の黒字により順調に累計損失の幅を減らしています。

④ 匿名組合預り金

投資家からSBIソーシャルレンディングが預かっているお金です。
前期(225.3億円)から1.62倍の365.9億円となっています。
利益額と連動していることが分かります。

⑤ 匿名組合損益分配額

投資家が得た分配金の金額です。
1年間で15.2億円もの分配金(利益)をいただきました。
正確にはデフォルトが1.29億円ほど発生しています。

カナメ先生の見解

さすがの好決算です。
しかし、未来の利益を信じて9年間も赤字を垂れ流すなんて、中小企業の感覚からは信じられない規模の話です。勉強になります。

貸借対照表(2019年3月期・SBIソーシャルレンディング)

SBIソーシャルレンディングの貸借対照表

損益計算書(2019年3月期・SBIソーシャルレンディング)

SBIソーシャルレンディングの損益計算書

評価休止SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

アイフルの2022年3月期決算を分析!ついでにノンバンク業界の動向も学ぼう
TECRA株式会社の2021年10月期決算!9,135万円の赤字に要注意
Rimpleを運営するプロパティエージェントの2022年3月期決算!今期も増収増益
TRIAD社の2022年2月期決算!COZUCHIのファンド運営会社の安全性を探る
JALCOホールディングスの2022年3月期決算!J.LENDINGの信頼性は高いのか?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter