カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(66)BLOG(228)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

九州電力の太陽光発電抑制によるソーシャルレンディングへの影響

投稿日:2018年10月13日 | 執筆者:カナメ先生
太陽光発電

国内初の太陽光発電停止要請

九州電力が「2018年10月13日(土)の日中に太陽光発電の稼働を止めるように求める」ことを発表しました。

なぜ抑制が必要なのか?

1電力は「需要と供給が同じ量」でないと、周波数の乱れから大規模停電(ブラックアウト)を起こす可能性がある。
2日照条件の良い九州エリアでは「太陽光発電の割合が電力需要の8割(800万kW以上)を占めるときもある」ほど太陽光発電の設置が多い。
3太陽光発電は「発電量を予測・調整することが難しい」「昼間にしか発電されない」という弱点を持つ。
4電力会社は太陽光発電の弱点を「火力発電の出力抑制」「他エリアへの送電(売電)」「揚水による蓄電」などにより何とか対応してきた。
5春や秋などの気温が適度な時期は電力需要が減るため、太陽光発電がフル稼働すると需給バランスの調整が困難になってしまう。

太陽光発電事業者への影響

2015年1月以降に接続承諾した事業者への損失は補填されませんが、「今のところ出力制御は春と秋の休日に限られるため、影響額は年間1%程度にとどまる(日経新聞のインタビューより)」との見通しです。

ソーシャルレンディング投資家への影響

要するに九州エリアへの太陽光発電設備は供給過多となっています。今後は「太陽光発電の案件が減ってくる」「リスクを織り込んで利回りが上がる」などの影響があります。

個人的には「いくら国による買取価格の保証があるとはいえ、需要と供給の原則を無視するのは好ましくない」と考えています。そのため、これから出てくる九州エリアの太陽光発電案件に関しては、他エリアの案件よりも貸出条件が良いことを確認しない限り投資はしません。

他のエリアはどうなるのか?

関係者によると、九州エリアと同様にピーク時の太陽光発電割合が8割を超える四国エリアでも太陽光発電抑制が行われると予測されています。

[感想] 再生可能エネルギーの勉強になりました

「九州電力の太陽光発電抑制」は再生可能エネルギーの現状や問題点を知るキッカケとなりました。

(1) 国内の太陽光発電は飽和状態に近づきつつある。
(2) 今後は蓄電の技術が重要になってくる。
(3) 夜間でも安定的に電力供給できる発電方法が注目を集めてくる。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
06/25
NEW!
おすすめソーシャルレンディング事業者のランキング [2019年6月版]
06/24 maneoファミリー各社が分別管理用銀行預金口座をmaneoマーケットに移管
06/24 JCサービス(グリーンインフラレンディング)事件を徹底解説&時系列まとめ
06/22 クラウドクレジット5周年記念キャンペーンでAmazonギフト券をゲット
06/21 SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド15号とS社を徹底分析
06/20 クラウドバンクが成海璃子さん主演のテレビCMを開始!待つだけの資産運用
06/18 TATERU(タテル)業務停止命令への経緯を徹底解説
06/17 SBISL不動産担保ローン事業者ファンドNeo2号とB社を徹底分析
06/17 クラウドクレジットのペルー小口債務者支援プロジェクトファンドで遅延発生
06/14 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[479] カナメ先生(2018-10-16 13:49:10)
私もこのニュースは気になっていました。
太陽光発電を取り巻く環境はどんどん悪くなっています。
今までが良すぎたということなのでしょうが。
[478] no name(2018-10-16 13:28:17)
カナメ先生の記事タイトルそのものではないのですが気になったので・・・・。
本日16日、ネットニュースで報じられた↓ですが、
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000087-asahi-bus_all

上記では”決定された”という表現で報じられていますが、これはまだ経産省の電力・ガス事業分科会で昨日話し合いがなされた・・・という段階のもので、数字も対象も決定されてはいません。↓昨日の分科会資料。
http://www.meti.go.jp/shingikai/enecho/denryoku_gas/saisei_kano/pdf/009_02_00.pdf

現時点であがっている太陽光発電ファンドそのものが直撃をくらうというものではないと思います。

ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter