カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBIソーシャルレンディングが5月中にサーバー増強で混雑解消を計画

投稿日:2019年4月22日 | 執筆:カナメ先生
SBIソーシャルレンディングのログインページ

SBIソーシャルレンディングが2019年5月中にサーバー増強を計画しているようです。これにより強制ログアウトなどが軽減されることが予想されます。

サーバー増強で何が変わるのか?

今まで5分以内に完売していたファンドが、さらに早く完売することになります。

ただし、募集開始時間前にしっかりと準備をして、開始直後から迅速な操作をした人が買えないという事態が減ります。何らかの要因(ネットワークなど)で理不尽に強制ログアウトされていた人が買いやすくなります。

やるべきことを着々とおこなうSBIグループの姿勢

SBIグループのサービスはユーザー利益に直結することを着々と改善していく印象があります。SBIソーシャルレンディングで言えば、「募集ファンドを増やす」「手数料ダウン&利回りアップ」「サーバー増強」などです。

キャンペーン、派手なWEBインターフェイス、年賀状、代表のメディア露出(理念を語る etc)といったパフォーマンスではなくサービスの主軸を改善していく姿勢に好感を持っています。

匿名化解除への対応

他社に比べて匿名化解除の方針が明確でないと言われているSBIソーシャルレンディングですが、「2年生さん」からの以下の情報をいただきました。

匿名化解除に対するSBIの方針を教えてもらおうと質問したら、すぐに返事をいたたきました。

今般、当局が匿名化・複数化の方針を転換したことは、弊社があるべき姿であると考えるSLの実現に向け、大きな変化であると同時に、借り手にとっても大きな変化であり、開示されることの意義やメリットについて借り手に改めて理解を求め、借り手を.開示したファンドの組成を順次進めてまいりたいと考えております。

もともと2011年の事業開始以前より、借り手の開示を前提としたビジネスモデルで当局と折衝したが、貸金業の解釈の観点から借り手の匿名化・複数化は必須との判断から、同条件での事業展開となったとのことでした。

【当サイト掲示板の書き込みより(2年生さん提供)】

匿名化解除に関して積極的かどうかという話ではなく、もともと情報開示を前提にしてサービスを開始したということですね。SBIソーシャルレンディングの情報開示型ファンドがどのようなものになるのか楽しみです。

評価休止SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

三井物産グループのALTERNA(オルタナ)とは?利回り、運用期間、特徴など
新しい不動産クラファン「ダーウィンファンディング」は序盤に投資妙味あり
新しい不動産クラファン SOLS(ソルス)を徹底分析!2号は劣後出資比率87.9%
Fundsのファンドが楽天証券で買える!どちらで買うほうが得なのか?
SBISLとの合併によりバンカーズはどう変化した?募集額、利回り、決算情報など
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter