カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(66)BLOG(209)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

日本銀行が不動産融資の過熱を警告!ソーシャルレンディングへの影響は?

投稿日:2019年4月19日 | 執筆者:カナメ先生
2019年4月17日、日本銀行が半年ごとに公表する金融システムリポートにおいて、不動産業向け貸出がバブル期並みに「過熱」していると発表しました。

この指標は「国内総生産(GDP)における割合」を基準にしています。

他の項目は緑(平常)であるため日銀は「バブル期のような過度に楽観的な成長期待に基づく過熱状態にあるとは考えにくい」とコメントしています。

カナメ先生の見解

・日銀の異次元緩和(2013年4月に導入決定)
・外国人観光客数の急増(2013年から4年間で4倍以上に増加)
・株式市場の大幅上昇(2012年11月=9,000円 → 2018年1月=23,500円)
・東京オリンピックの開催決定(2013年・H25年発表)

以前の記事で述べたように、これらが土地高騰の要因です。

結果論になりますが「低金利&インフレ目標導入&観光客増加」となれば不動産業向け貸出が盛んになるのは当然の流れと言えます。投資家にとっても収益力低下に悩む銀行(特に地銀)にとってもメリットがあります。

ソーシャルレンディングへの影響と対策

何年後に不動産が下降トレンドに転じるかは分かりません。
しかし、不動産担保に関しては慎重に判断する必要があります。
ソーシャルレンディング投資家が注意すべきポイントを書き出してみました。

1高利回りファンドは避ける
2運用期間が長いものは避ける(2年は警戒・1年推奨)
3できるだけシニアローンを選ぶ(抵当権1位)
4できるだけLTVに余裕のあるファンドを選ぶ
5担保査定が信頼できるソーシャルレンディング事業者を選ぶ
6不動産クラファンの場合は評価額の妥当性を調べる

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
05/25
NEW!
SAMURAI&J PARTNERSの2019年1月期決算を徹底解説
05/25
更新!
FANTAS Technologyの2018年11月期決算を徹底解説
05/24 配当利回り4.5%以上の株式は208銘柄!積水ハウス、SUBARUなど
05/21 SBISLも実質的な貸付金利が10%を超えていることがあるという事実
05/20 ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝つにはPCの時計を使ってはダメ
05/18 SBISLの延滞は回収率94%で決着!トウキョウ運河と知れば避けられたのか?
05/17 SBIソーシャルレンディングが借手情報を開示したことで及ぼす影響
05/16 オーナーズブックの5%案件!世田谷区マンション素地底地1号を徹底分析
05/14 不動産投資型クラウドファンディングの本質は目利きへの相乗り投資
05/13 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[4501] カナメ先生(2019-04-20 09:23:48)
> 初心者さん
オーナーズブック(融資)とFANTAS(出資)を比べるのは難しいところですが、個人的には空き家ファンドは安全性が高いと考えています。期間の短さ(手間がかかる)と募集額の小ささ(応募が難しい)がネックですが。
[4478] 初心者(2019-04-19 15:19:53)
カナメ先生
オーナーズブックの投資案件は殆どが運用期間2年以上でメザニンローンですよね。
ファンタスの方がむしろ安全なんでしょうか?
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter