カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(66)BLOG(209)掲示板運営者紹介
SL事業者格付ランキング事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒
最新ファンド横断比較Pick本当の利回り計算機New資産運用シミュレーター

SBIソーシャルレンディングが株主変更でグループ会社との連携を強化

投稿日:2018年12月17日 | 執筆者:カナメ先生
2018年12月13日、SBI FinTech Solutionsが子会社であるSBIソーシャルレンディングの株式譲渡することを発表しました。

譲渡先SBIホールディングス株式会社の他の子会社
譲渡株式数222,768株(100%)
譲渡実行日2018年12月28日

譲渡理由(1) メイン事業に集中するため

規制緩和を伴い進展する「外国人労働者の増加」と「キャッシュレス化」の大きな流れは、当社の主力事業である決済事業・国際送金事業の重要な成長機会になるとともに、競争環境の変化への一層の備えも求められる状況となりました。
このような環境変化を受け、当社は経営資源を両事業に集中させ、より一層の企業価値向上を図っていくことが最善であると判断しました。
【SBI FinTech Solutions IRニュースより引用】

SBI FinTech Solutionsは「ZEUS」「AXES」「SBI Remit」などのサービスに力を入れていくようです。たしかに、これらの事業とソーシャルレンディングでは相乗効果が生み出しづらいと思います。

譲渡理由(2) SBISLとSBIグループ各社の連携を強化するため

ソーシャルレンディング事業を展開するSBISLについては、証券・銀行をはじめとするSBIグループ各社との連携を追求していくことが最適であるとの結論に至り、全株式を譲渡することといたしました。
【SBI FinTech Solutions IRニュースより引用】

新しい株主がどこの会社になるのか楽しみです。SBIネット銀行と連携して送金が簡単になったり、SBI証券と連携してソーシャルレンディング案件を販売しはじめたら便利です。

SBI FinTech Solutionsの業績は順調

売上高79.7億円
営業利益14.0億円
純利益9.1億円

上の表はSBI FinTech Solutionsの2019年3月期通期業績予想です。
非常に好業績であり、資金問題でSBISL株式を手放すわけではありません。

私の感想

以前からSBI FinTech Solutionsが株主であることに違和感を感じていたため、今回の発表は嬉しいものでした。

最近のSBIソーシャルレンディングは「テレビCM開始」「融資残高で業界1位達成」と快進撃を続けています。今後はSBIグループ各社との連携により、他社との差をさらに広げていくことと思われます。

評価A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
05/25
NEW!
SAMURAI&J PARTNERSの2019年1月期決算を徹底解説
05/25
更新!
FANTAS Technologyの2018年11月期決算を徹底解説
05/24
NEW!
配当利回り4.5%以上の株式は208銘柄!積水ハウス、SUBARUなど
05/21 SBISLも実質的な貸付金利が10%を超えていることがあるという事実
05/20 ソーシャルレンディングのクリック合戦で勝つにはPCの時計を使ってはダメ
05/18 SBISLの延滞は回収率94%で決着!トウキョウ運河と知れば避けられたのか?
05/17 SBIソーシャルレンディングが借手情報を開示したことで及ぼす影響
05/16 オーナーズブックの5%案件!世田谷区マンション素地底地1号を徹底分析
05/14 不動産投資型クラウドファンディングの本質は目利きへの相乗り投資
05/13 maneoファミリーの運用状況(貸付額・完済額・延滞額)を全掲載
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[2186] カナメ先生(2018-12-20 10:28:56)
先ほど新たな親会社の情報を記事にしました。
無事に中核企業の保有となりました。

> 全宅ファイナンスが21,000万円 BIGサービス社が24,000万円

そうなんですよね。
それにしても2億7000万円はやらかした感じがありますが・・。

[2185] no name(2018-12-20 10:03:12)
韓国上場企業から持ち分が移動するんですね
SBIグループの中核企業に保有してもらえるならプラスかもしれませんね

競売の公告日は21日(金)ですね 失礼しました

かつての貸出先である
全宅ファイナンスが21,000万円 BIGサービス社が24,000万円
で評価しているわけだから、その程度で落札されるといいんですけどね

[2180] no name(2018-12-19 18:41:48)
韓国企業に譲渡されるとするとすごく嫌ですね・・・
SBIホールディングスの他の子会社ということは本体が保有するというわけでななさそうだし・・・

明日、競売情報が公表されるこのタイミング・・・ 何か嫌ですね・・・

担保物件は山手線の駅前といえでも、鶯谷だし、裏、お墓だし

評価額としては、8,000万円くらいでしょうね

坪300万くらいの入札があると 18,000万になるでしょうから、
60%くらいの回収率になるかなぁ・・・

坪350万くらいの入札があると 21,000万になるでしょうから、
75%くらいになるんだけど・・・

それにしても、あんなところの担保評価が27,000万円ってどういう計算しているんでしょうね

[2155] カナメ先生(2018-12-18 14:40:24)
コメントありがとうございます。
正確なところは譲渡先が判明するまで分かりませんが、私は朗報だと判断しました。
SBIグループ内での譲渡(横移動)と明言されていますし、SBI銀行との連携も発表されています。
https://www.sbi-sociallending.jp/pages/money_transfer1
[2152] no name(2018-12-18 14:01:00)
いつも有益な情報ありがとうございます。
この件は朗報だったんでしょうか?
SBI本体から切り離されたのだと思ってました。
当方全くの素人なので、どう受け取ればよいか判断できずにいました。
SBISLには今後も頑張っていただきたいですね。
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter