カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(10)上級レッスン(32)BLOG(75)運用シミュレーター
会社格付ランキング各社徹底比較最新ファンド一覧経営者分析掲示板運営者紹介

SBIソーシャルレンディングの案件が利回り上昇した理由

投稿日:2018年10月12日 | 執筆者:カナメ先生
最近、SBIソーシャルレンディングの案件が利回り上昇傾向にあります。
嬉しい反面、なんとなく不安に感じている人も多いようですので、理由を調べてみることにしました。

まずは利回り上昇の原因をSBIソーシャルレンディングに聞いてみました

SBISLの回答は「オーダーメード型ローンファンドの利回りにつきましては、借手様の資金需要の高さにより決定しております」とのことです。
利回りは需給関係に応じて敏感に変化するということですね。

SBISLバイオマスブリッジローンファンドの利回り上昇について

ファンド名利回り募集開始募集額
SBISLバイオマスブリッジローンファンド 4号7.0%9月14日15.0億
SBISLバイオマスブリッジローンファンド 5号8.5%10月11日6.8億

<要因>
・5号は4号の「劣後債」である。つまり、担保の優先順が低い。
・グリーインフラレンディング事件による再生可能エネルギー案件に対する不信感。
・九州電力の再生可能エネルギー出力制御のニュース。

<私の見解>
・私はバイオマス発電への投資は少なめにしている。
・ポイントは玄海インベストメントアドバイザーを信用できるかどうか。
・5号が「4号の劣後債」であることはあまり気にしない。
・施工業者の持ち株会社の連帯保証が付いている。
・九州電力の出力制御は調査中。後日記事にします。

私の場合、そもそもバイオマス発電案件への投資にはポジティブな印象は持っていません。しかし、8.5%という高利回りを考えると、玄海インベストメントを信用しているのであれば好機です。

※SBISLバイオマスブリッジローンファンド5号は募集終了しています。

SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlusの利回り上昇について

ファンド名利回り募集開始募集額
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 20号6.5%9月19日10.7億
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 21号7.0%10月3日6.0億
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus 22号7.2%10月12日15.0億

<要因>
・スマートデイズ事件(スルガ銀行)の影響による融資引き締め。
・TATERU事件(西京銀行)の影響による融資引き締め。
・早期返還が多いのでその分を織り込んだ可能性もある。

<私の見解>
・リスクは以前と変わっていないのに利回りだけ上がっている状況。
・募集額の大きさから需要の大きさを感じる。

「不動産投資×銀行融資」に関する大きな不祥事が続いたため、不動産業界と銀行業界に大きな影響を与えています。2018年10月5日には金融庁がスルガ銀行に対して「不動産融資6ヶ月停止」の業務停止命令を出しています。

こんな時こそ、融資ビジネスで儲けるチャンスです。
ソーシャルレンディング投資家にとっては絶好の好機と言えます。

ただし、「多くの人が貸したくない=リスクが高い」という側面もありますので、より慎重に判断する必要があります。

※不動産担保ローン事業者ファンドPlus22号は募集中です。(10月12時 11:30)

安全性A+SBIソーシャルレンディングの公式ホームページ

関連記事:SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングの安全性と評価
織田貴行さんの経歴・評判 | SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディングの口座開設手順
SBIソーシャルレンディング・法人口座の作り方
SBISLで投資すべきファンドはどれ?おすすめ案件ランキング
私が「SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus19号」を購入する理由
SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus18号についての見解
SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド6号についての見解
SBIソーシャルレンディングの新規募集案件を分析 2018年8月分
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号が不成立だった理由
知らないと危険!SBIソーシャルレンディングはLTVを公開していないという事実

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
1
NEW!
JCサービスが銀行口座の仮差押えを受けている
10月15日
2 資産運用シミュレーターの使い方&説明 10月13日
3 九州電力の太陽光発電抑制によるソーシャルレンディングへの影響 10月13日
4 SBIソーシャルレンディングの案件が利回り上昇した理由 10月12日
5 ガイアファンディングで約2.7憶円の延滞!詳細情報と見解 10月12日
6 JCサービスが破産か?グリーンインフラレンディング投資家への配当の可能性は? 10月9日
7 キャッシュフローファイナンスで約2.4憶円の延滞・遅延!詳細情報と見解 10月6日
全記事の一覧
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
no name(2018-10-15 20:53:43)
先日、SBISLに電話して聞いてみたところ、「ウェブでの掲載はしていないものの、『SBISL不動産担保ローン事業者ファンドPlus』にて、SBISL自身でも担保の査定は行なっている」とのことでした。
ただその詳細は教えてもらえなかった事と、回答が口頭だったところから、与信にまつわる補足情報・・・ぐらいに考えれば良いかと思います。
no name(2018-10-12 20:03:09)
今までのsbiだとキャッシュバック等で対応していた印象ですが
延滞もありますしあまり身銭を切りたくないのかなと邪推しています
今後も劣後させてくるなら人気のないファンドは逆に美味しいのかもしれません
本当にその担保価値があるかはさておき
今回の4号はLTV100%で7%からLTV50%で7%のファンドに勝手に変身したわけですから
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter
情報共有のお願い