カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号が不成立だった理由

投稿日:2018年8月10日 | 執筆:カナメ先生
今さらですが「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号」が不成立になった理由が気になったので問い合わせてみました。

SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号の基本情報

募集額20億円
利回り7.0%
運用期間12ヶ月
募集開始2018年5月18日
資金使途太陽光発電事業に係る設備等の建設、購入等及び立替金の精算に係る資金並びにその他の運転資金。
ポイント1累計実行額135億円の「かけはし」シリーズ。玄海インベストメントアドバイザーと協業ファンド。
ポイント2現行の売電価格21円/kWhではなく、平成25年度に設備認定された売電価格36円/kWhの太陽光発電所。
ポイント3担保評価総額に対する融資割合は74%。

SBISLに不成立の理由を聞いてみました

「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号2018年5月」のファンドが不成立となった理由と致しましては、借手様の都合により借入をキャンセルする申し出があった為、でございます。

ファンドの募集期間(2018年5月18日~5月29日)終了後に借手様から申し出があり、何度もお話合いをさせて頂いておりましたが、最終的な結論として、6月6日夜間に借入のキャンセルが確定致しました。

協業ローンファンドの組成にあたり業務提携を行っている玄海インベストメントアドバイザー様や、太陽光発電事業自体に問題があったという事ではございません。

このような返答をいただきました。

再生可能エネルギー案件は「グリーンインフラレンディング問題」のおかげで不安が尽きない状況です。「玄海インベストメントアドバイザー様や、太陽光発電事業自体に問題があったという事ではございません」とのことなので、とりあえずは安心しました。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[4901] カナメ先生(2019-05-27 09:53:03)
なんと。グリーンインフラエンディング問題って・・・。
妙なミスをしてしまいました。ご指摘ありがとうございます。
[4885] no name(2019-05-25 13:19:55)
グリーンインフラエンディング・・・
しれっとうまいこと言ってますね。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter