カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
ブログ(1019)掲示板SL事業者ランキングファンド検索運営者紹介ふどクラ研究所

不動産クラファン「ぽちぽちFUNDING」がサービス終了!ファンドはどうなるのか?

投稿日:2021年11月11日 | 執筆:カナメ先生
ぽちぽちFUNDINGのWEBサイト

中堅不動産クラファンの「ぽちぽちFUNDING」がサービス終了を発表しました。

中堅不動産クラファンのなかでは人気のある事業者なのでサービス終了は残念ですが、全運用中ファンドの償還予定が明確になっており、最後まで好感の持てる事業者でした。

発表内容(サービス終了と運用中ファンドについて)

ぽちぽちFUNDING事業終了のお知らせ

突然のお知らせとなり大変恐縮でございますが、
ぽちぽちFUNDINGは事業終了させていただくこととなりました。

ぽちぽちFUNDINGは、1口1万円から気軽に投資ができる不動産クラウドファンディングとして、2020年8月よりサービスを開始致しましたが、事業方針の転換により既存の不動産売買事業を強化していく方向となり、会員の皆様にご満足いただける商品・サービス提供を維持することが難しいという事から事業終了の判断に至りました。

事業終了は現在運用中の7号商品までの償還が完了後、2022年中を予定しております。
事業終了に伴い、新規会員受付は停止をさせていただきます。
マイページに関してはサービスサイト終了まで引き続きご利用が可能です。

償還前の4号~7号プロジェクトに関しては今後、対象不動産の売却ができ次第、償還させていただきます。

【4号】
11月末に償還予定をしております。

【5号、6号】
既に売買契約は完了しておりますので、決済が完了次第償還予定となっております。 詳細決まり次第、出資者の方にはご連絡をさせていただきます。

【7号】
現在販売中につき、売却が決まり次第の償還となります。

サービス開始時より、多くのお客様にご利用いただきまして誠にありがとうございました。弊社事業の終了にあたり、皆様方に多大なご迷惑をお掛けしますことをお詫び申し上げます。今後とも弊社商品・サービスをご愛顧くださいますようお願い致します。

アイディ株式会社 代表取締役 池田 昌宏

【ぽちぽちFUNDING公式サイトより引用】

ぽちぽちFUNDINGとは

・2020年8月にサービス開始
・創業50年を超える企業が運営
・グループ企業「アイディプロパティ」の決算情報が公開されている
・優先劣後方式の採用(劣後出資比率30%)

ぽちぽちFUNDINGの全ファンド一覧

サービス終了の原因

ぽちぽちFUNDINGを運営する「アイディ株式会社」は2021年9月21日をもって、株式譲渡契約により株式会社ディア・ライフの完全子会社となりました。

完全子会社化により社内体制と事業方針が大幅に変わることが、サービス終了の原因だと考えられます。

カナメ先生の見解

ぽちぽちFUNDINGについては「未上場企業ながら信頼度はそれなりに高い事業者」だと判断していましたが、東証一部企業「ディア・ライフ」に買収されることで1つの答え合わせができました。

今後も事業者分析力を上げるために頑張ります。

[参考記事] 不動産クラファン「ぽちぽちファンディング」ってどうなの?

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴23年。ソーシャルレンディング歴8年。運用資産4億円以上。
IT会社経営、薬局経営、新築アパート投資、株式投資、REIT投資、クラファン投資などの幅広い経験が武器であり、「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
ブログの同カテゴリ記事一覧

東証STD上場企業が運営するB-Den(ビデン)を徹底分析!面白味のなさが魅力
Fundsの新機能「ファンド予約機能」って便利なの?メリット・デメリットを解説
高利回りの注目事業者「ヤマワケエステート」を徹底分析!利回り8.0~15.4%
COZUCHIの京都ANAクラウンプラザホテルに訴状!償還に影響はあるのか?
Rimpleのプロパティエージェントが上場廃止!ミガロホールディングスとは?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter