カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(137)ブログ(596)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

頭が良くても専門家であっても嘘を見抜くのが得意な人はいないという事実

投稿日:2020年11月5日 | 執筆:カナメ先生
トーキング・トゥ・ストレンジャーズ - マルコム・グラッドウェル

世界的に注目を集めるライターであるマルコム・グラッドウェル氏の「トーキング・トゥ・ストレンジャーズ」を読みました。副題は「よく知らない人について私たちが知っておくべきこと」です。

ソーシャルレンディング投資にも役立つ内容でしたので、内容を抜粋しながら私なりの解釈を加えて説明します。引用文は読みやすいように編集しています。

ほとんどの人に優れた洞察力はない

  • 私たちは自分が優れた洞察力があると確信している。
  • 学生、警察官、裁判官、セラピスト、弁護士、FBI捜査官、CIA職員のどれであっても嘘を見抜くのが得意な人などほぼいない。
  • AIシステムは裁判官よりはるかに優れた判断を下すことができた。
    参考に出来るデータは「被告人の年齢」と「前科記録だけ」にも関わらず。
【書籍より引用】

私も長きにわたり「新規プロジェクト」「人材採用の面接」「株式投資の銘柄」など、慎重に検討すればよい選択ができると信じてきましたが、思った以上に自分の無力さを感じる結果となっています。

少なくとも「自分に優れた洞察力がある」と考えているうちは、優位性のある戦略を考えることはできません。

自分の経験に特別の価値を置いてしまう

  • 私たちは個人的な交流から得た情報に唯一無二の価値があると信じる。
【書籍より引用】

・自分の住んでいた都道府県が魅力的な場所だと信じる
・自分の知人が本当に実力のある人物だと信じる
・自分の契約したハウスメーカーが良いものだと信じる
・セミナーで得たクローズドな情報に価値があると信じる

これらのことに心当たりはありませんか?
このような感情は判断を大幅に鈍らせてしまいます。

直接会うことは投資判断に悪影響を及ぼす

  • 多くの優秀な機関投資家が騙されるなか、唯一「バーナード・L・マドフの詐欺」を見抜いていたマルコポロスは、投資分析の際に関係者に会わないことを好む。
【書籍より引用】

これは当サイトと同じ方針なので嬉しくなりました。

最初から「何らかの問題を暴いてやろう」という気持ちで会うのであればいざ知らず、「できれば良い関係を築きたい」という前提で会う場合、投資判断に悪い影響を及ぼすことは言うまでもありません。

逆に言えば営業マンなどは直接会う回数を増やせば、自社の商品を売れる確率は跳ね上がると言われています。

なぜ私たちはこれほどまでに嘘を見抜くことが苦手なのか?

  • 社会動物である人間は、デフォルトで信用する戦略をあきらめたときの代償のほうがはるかに大きくなる。
  • 私たちは「不一致の人」にうまく対処することが出来ない。
【書籍より引用】

人を疑いすぎれば「雇用関係」「友人関係」「婚姻関係」など、何も成立しなくなってしまいます。小さな問題はあるにせよ、原則として人を信じてしまったほうがメリットが大きいのです。

それが社会動物で基本戦略です。
この戦略の隙間をついてくるのが詐欺なので、見抜くことは極めて困難です。

カナメ先生はどのように物事を判断しているのか?

つまらない回答になってしまいますが、まずは定量データを重視します。

「今までに成果を上げた人はこれからも成果を上げる」
「今まで信用を積み重ねてきた人はこれからも信用できる」

という考え方です。

次に重視するのは「損得」です。

「不正をすれば100万円手に入るが職を失う」
「不正をすれば10億円手に入るが職を失う」

不正が行われる可能性が高いのは明らかに後者です。

正常時のメリットを大きくし、不正のメリットが小さくなるように設計します。
このバランスが崩れている状況は危険だと考えます。
損得は金銭だけでなく精神面や社会性も考慮します。

最後に「理解できない場合」は距離を置きます。

「価値観が自分と大きく異なる人」
「予測できない動きをする人やビジネス」

これらの場合は大きな利益が期待できそうな場合でも距離を置きます。
ようするに誰にでも判断できる基準を丁寧に守り続けるスタイルです。

リスクの高いものや理解できないものは、失っても痛くないリソースを投入して情報を集めることもあります。

まとめ

①客観的に判断できる定量性データを重視
②損得のバランスに注意
③分からないものには近づかない

私たちには特別な能力(洞察力など)はありません。そのことを理解したうえで堅実に3つのルールを守っていけば、地味ですが確実な成果を上げ続けることができると考えています。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ
ブログの同カテゴリ記事一覧

NEW!
実績ある社外取締役はソーシャルレンディング事業者の信頼性をアップさせるか?
私がソーシャルレンディング最大手「maneo」で失敗してしまった理由
野村の米国高利回り社債ファンドを解説!クラバンの先進国ローンファンドと比較
頭が良くても専門家であっても嘘を見抜くのが得意な人はいないという事実
累計募集額24億円突破の中堅サービス「ポケットファンディング」に再注目
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[6729] カナメ先生(2020-11-06 09:36:06)
> 6727さん
ご意見ありがとうございます。
たしかに向き不向きや性格差がありますよね。
私も一攫千金の計画を考えるのは好きなのですが、やはりベースには堅実な思考があるようです。

> 6694さん
ありがとうございます。
皆さんの参考になれば幸いです。

[6728] no name(2020-11-06 09:21:02)
どちらでしょう?
途中で切れてすみません。タッチペン慣れないです。笑
[6727] no name(2020-11-06 09:18:55)
完全に一攫千金の魅力を排除した感覚ですね。
それは生まれもっての性格なのか失敗を重ねた結果なのか、
仮に選ぶとしたら
[6694] no name(2020-11-05 17:56:05)
おっしゃる通りですね。上記のまとめ3つ、投資をする上でも至言だと思います。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter