カナメ先生
大事な資産を年5~7%で安全に増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(18)メリット(9)リスク(8)投資力向上(128)ブログ(533)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター本当の利回り計算機事業者お知らせ

JR東日本グループが不動産ファンドビジネスへ参画!個人投資家に関係はあるのか?

投稿日:2020年2月20日 | 執筆:カナメ先生
JR東日本・NEXT10のイメージ画像

2020年2月17日、JR東日本グループ(東日本旅客鉄道、JR東日本ビルディング)がみずほフィナンシャルグループと連携を図り、不動産ファンドビジネスへ参画することを発表しました。

JR東日本グループの目的はNEXT10の達成

NEXT10は2017年11月にJR東日本が発表した10年間の事業成長計画です。今までの駅を中心とした開発ビジネスではなく、駅周辺エリアの「まちづくり」へとスケールアップしています。

今回の不動産ファンドビジネス参画は、駅近隣物件の取得推進を目的としています。

JR東日本・NETX10の説明図

[参考] NEXT10の詳しい説明資料(PDF)

個人投資家に関係のある話なのか?

名称合同会社JREASTファンド第1号
形態私募ファンド
規模約50億円
出資JR東日本、JEBL他
AMみずほ不動産投資顧問株式会社

xxxxx

上記が2020年2月に設立された第1号ファンドの情報とスキーム図です。
第1号から50億円とは非常に大規模なファンドですね。
外部投資家とは機関投資家などを指しているので個人投資家の出る幕はありません。

カナメ先生の見解

私たち個人投資家が出資できる話ではありませんが、ソーシャルレンディング投資をしていたおかげでこのようなニュースへの理解が深くなり嬉しく感じています。

ファンドって面白いですね。

また、ソーシャルレンディング業界の規模や影響力が大きくなれば、JR東日本のような企業が関係するファンドにも出資できるようになるかもしれません。

ソーシャルレンディング業界発展のために個人投資家に出来ることは「信頼できる事業者にお金を預けること」です。当サイトでは長期に渡って「信頼できる事業者選び」をお手伝いできるように頑張りたいと思います。

[参考] ソーシャルレンディング事業者格付けランキング(当サイト)

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディングへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットが約7億円の資金調達!個人投資家にとって朗報か?
4月のソーシャルレンディング募集額は前月比64.5%減少!5月はどうなる?
SBIソーシャルレンディングが登録数50,000人突破!累計実績をまとめてみた
個人投資家がコロナ被害企業を助ける!クラウドバンクの融資支援プログラム
Fundsの新たな提携先はフリークアウト・ホールディングス!利回りはどうなる?
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
SBIソーシャルレンディング
Twitter