カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
基本編(17)メリット(9)リスク(8)投資力向上(189)ブログ(901)掲示板運営者紹介
SL事業者ランキング人気事業者データ比較経営者分析延滞・貸倒確定申告
最新ファンド横断比較Pick資産運用シミュレーター利回り計算機ふどクラ研究所姉妹サイト

FANTAS fundingの現場がよく分かるTwitterアカウントを発見

投稿日:2019年3月1日 | 執筆:カナメ先生
TwitterでFANTAS fundingの社員さんのアカウントを発見しました。

永井由貴さんのTwitter(FANTAS)

とても丁寧に現場の説明がされていたので、サイト掲載の可否(画像含む)を問い合わせてみたところ、こころよく承諾していただきました。

永井由貴さんのTwitter画面

FANTASの空き家再生ファンドがよく分かるツイート

劣化が激しい部分、耐震補強計画、塗装コストなどを包み隠すことなく公開しています。このような情報が知れるのは「不動産クラウドファンディング」の魅力です。

FANTAS repro 第7号の屋根ケレン作業&塗装

FANTAS repro 第4号の耐震補強計画

FANTAS repro 第4号の内見

FANTAS repro 第4号のリフォーム完了検査

FANTAS repro 第7号の防水塗装前

大注目のFANTAS funding

ソーシャルレンディングでは数億円~数十億円というお金が飛び交っています。
そのため数百万円のファンドが注目されることはありません。

しかし、永野さんのTwitterでは数百万円の空き家再生ファンドであっても丁寧に情報公開しており非常に好感が持てます。問題のある事業者であれば小規模ファンドに手間はかけないでしょう。

利回り、独自性、情報公開などを総合するとFANTASは「今もっとも注目すべきソーシャルレンディング事業者」です。唯一の弱点は募集額の少なさです。

人気が出るにしたがって利回りが下がってくる可能性が高いため、今のうちに積極的に投資しておこうと考えています。実際に以前は10.0%だった空き家再生ファンドの利回りは8.0%に落ちています。

永野さんにも確認したところ「事業者としての信用度(償還実績など)が高まれば利回りを下げていく方針」とのことでした。

ちなみに先ほど知ったのですが永野さんはFANTAS fundingの運営責任者でした。

評価A-FANTAS(ファンタス)の公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴21年。ソーシャルレンディング歴6年。運用資産3.5億円以上。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
こちらの記事もおすすめ

オーナーズブック

ブログの同カテゴリ記事一覧

クラウドクレジットの現状!パフォーマンス推移やウクライナ侵攻の影響を解説
不動産クラファンの投資物件に根抵当権が設定されていても大丈夫なのか?
不動産ファンド投資家なら学ぶべき!日本エスコンによるJ-REITの不祥事
日銀が利上げした場合のソーシャルレンディング&不動産クラファン投資戦略
SAMURAI FUNDがJトラストグループから外れた影響を詳しく解説
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter