先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本(17)メリット(9)リスク(10)会社比較(15)発展(1)用語集(7)運営者紹介(1)
maneo分析ツール(12)BLOG(18)掲示板(5)

クラウドバンクの評価と完全解説

業界3番手として安全性の高い投資案件を提供している

安全性B+ クラウドバンクの公式ホームページ

クラウドバンクのトップ画面

基本情報

運営 クラウドバンク株式会社
日本クラウド証券株式会社(クラウドバンク株式会社の100%子会社)
設立2013年2月(サービス開始は2013年12月)
住所東京都港区六本木七丁目4番4号 六本木Artshell 5F
株主 Aaron Asset Management株式会社 24.81%
株式会社コンサバティブホールディングス 19.39%
佐護 勝紀 5.58%
八木 圭介 4.07%
役員 [クラウドバンク代表] 金田 創
[日本クラウド証券代表] 橋村 純
手数料-
行政処分2回(2015年・2017年)
不祥事なし

特徴(1) 安全性重視のソーシャルレンディング会社

・低めの利回り(それでも6%以上は確保しているので十分)
・担保設定案件が多い
・運用期間が短い案件が多い(4~7ヶ月)
という特徴があります。とても健全な方針だと思います。実際に今のところ「貸し倒れ」は1件も起きていません。

特徴(2) 証券会社が運営している唯一のサービス

証券会社(第一種金融証券取引業)が運営している唯一のソーシャルレンディング会社です。また、有価証券報告書を開示しているため、非常に公開情報が多い点も特徴です。

特徴(3) 現状は赤字経営

・高機能なホームページ(社内にシステム開発チームがある)
・有価証券報告書の開示
・2度の行政処分による影響

他にも原因はあると思いますが、現状では赤字経営となっています。全体的に高コスト体質な雰囲気を感じます。平成28年6月は営業損失が1.5億円(株主資本3.7億円)もあるため、なかなか心配になります。

特徴(4) 2度の行政処分

1回目
2013年
・業務システム整備が未熟で顧客預かり残高を正確に把握できていない。
・取引内容の入力遅延により金銭の受け渡し事項を正確に把握できていない。
2回目
2017年
・手数料還元キャンペーンの還元が行われていなかった。
・融資スキーム図に誤りがあったため募集していた。

急拡大するユーザー数&取引数に社内システムが追いつかなかったようです。その後は改善を行い運営を続けています。還元キャンペーンの未払い金に関しても、遅延損害金を加えた金額を払い終えています。

その他

中小企業向け融資活性化のため「横浜市と協定を締結」したことが話題になりました。

私の見解

投資案件自体は安全性の高いものを揃えている印象を受けますが、「親会社であるクラウドバンクの業績がイマイチ」「大企業の後ろ盾がない(株主参入)」という2点が気になります。

安全性B+ クラウドバンクの公式ホームページ

関連記事:クラウドバンク

金田創さんの経歴 | クラウドバンク
橋村純さんの経歴 | クラウドバンク

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 ソーシャルレンディング会社の格付け比較
2 maneo(マネオ)の評価と完全解説
3 SBIソーシャルレンディングの評価と完全解説
4 クラウドバンクの評価と完全解説
5 クラウドクレジットの評価と完全解説
6 LENDEX(レンデックス)の評価と完全解説
7 タテルファンディングの評価と完全解説
8 瀧本憲治さんの経歴 | maneo(マネオ)
9 味形衛さんの経歴 | maneo(マネオ)
10 織田貴行さんの経歴 | SBIソーシャルレンディング
11 金田創さんの経歴 | クラウドバンク
12 橋村純さんの経歴 | クラウドバンク
13 杉山智行さんの経歴 | クラウドクレジット
14 筧悦生さんの経歴 | LENDEX(レンデックス)
15 中久保正己さんの経歴 | グリーンインフラレンディング
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
マネオ徹底分析