先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本(17)メリット(9)リスク(10)会社比較(15)発展(1)用語集(7)運営者紹介(1)
maneo分析ツール(12)BLOG(18)掲示板(5)

タテルファンディングの評価と完全解説

楽しみながらデザインアパート投資を学ぶことができる

安全性A タテルファンディングの公式ホームページ

タテルファンディングのトップ画面

基本情報

運営 株式会社TATERU(東証一部)
設立2006年1月(タテルファンディング開始は2016年4月)
住所東京都渋谷区神宮前1-5-8-21F
株主 古木大咲 50.5%
石井啓子
日本トラスティー・サービス信託銀行
日本マスタートラスト信託銀行
役員 [代表] 古木 大咲
[専務] 大城 崇聡
[常務] 野間 大亮
手数料-
行政処分なし
不祥事なし

特徴(1) 不動産投資型クラウドファンディング

タテルファンディングは貸金業者ではないので厳密にはソーシャルレンディングではありません。投資家は「金利」ではなく「予定分配率」を参考に投資を行います。利回りの目安は年4.5~4.8%程度の案件が多くなっています。

特徴(2) デザインアパート投資を楽しむ

タテルファンディングの魅力は「素敵な場所に素敵な物件を建てる楽しさ」を味わうことができる点です。1案件ごとに実際に建てる場所や建物を写真で確認できるため、将来的に不動産投資を夢見ている人にとっては非常に勉強になります。

また、近所に住んでいれば、近くを通るたびに「入居者入ってるかな?」「どんな人が買ったのかな?」などと楽しむことができます。

投資期間は施工から売却決定までの3~4ヶ月です。そのため、ほどよいサイクルで不動産投資感覚を磨き続けることができます。今後は民泊物件や海外不動産も組み入れていくようです。

特徴(3) リスクを抑える様々な工夫

1投資期間が短い。(3~4ヶ月)
2売却のためのプラットフォームを自社で持っている。(TATERU Apartment)
3期間中でも出資金の返還を受け付けている。
4優先出資/劣後出資方式で価格下落の30%程度を負担している。

このように上場企業ならではの手厚い投資家保護対策を取っています。特に「期間中の出資金返還」はクラウドファウンディングでは極めて珍しく、個人投資家への優しさを感じます。

「優先出資/劣後出資方式」では、投資家が優先出資、株式会社TATERUが劣後出資を担当することで、価格下落の30%程度を株式会社TATERUが負担しています。

私の見解

不動産経営に憧れている人であれば、ぜひ挑戦してもらいたいサービスです。

「企画する人 / 融資する人 / 作る人 / 売る人 / 買う人 / 専門用語 / 需給感覚」

などの様々なことが学べます。
「ソーシャルレンディングの目的は資産を1円でも多く増やすことだ!」という人にとっては、あまり魅力的なサービスではありません。

安全性A タテルファンディングの公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 ソーシャルレンディング会社の格付け比較
2 maneo(マネオ)の評価と完全解説
3 SBIソーシャルレンディングの評価と完全解説
4 クラウドバンクの評価と完全解説
5 クラウドクレジットの評価と完全解説
6 LENDEX(レンデックス)の評価と完全解説
7 タテルファンディングの評価と完全解説
8 瀧本憲治さんの経歴 | maneo(マネオ)
9 味形衛さんの経歴 | maneo(マネオ)
10 織田貴行さんの経歴 | SBIソーシャルレンディング
11 金田創さんの経歴 | クラウドバンク
12 橋村純さんの経歴 | クラウドバンク
13 杉山智行さんの経歴 | クラウドクレジット
14 筧悦生さんの経歴 | LENDEX(レンデックス)
15 中久保正己さんの経歴 | グリーンインフラレンディング
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
マネオ徹底分析