カナメ先生
大事な資産を年3~5%で増やす技術を学ぶ場所
ソーシャルレンディング投資の学校
ブログ(1025)掲示板SL事業者ランキングファンド検索運営者紹介ふどクラ研究所

高利回りのオルタナバンクに投資妙味はあるのか?国内分散中期運用型ファンドを分析

投稿日:2023年8月24日 | 執筆:カナメ先生
(本記事はアフィリエイトURLを含みます)
オルタナバンクの国内分散中期運用型ファンド(ID602)

運営者の実績不足から警戒しているオルタナバンクですが、6.5%以上の高利回りファンドを募集している数少ないサービスということで、ファンド分析を行ってみることにしました。

今回の分析対象は利回り6.5%の「国内分散中期運用型ファンド」です。

ファンド詳細情報

ファンド名国内分散 中期運用型 ID602
利回り6.5%(貸付型)
運用期間25ヶ月
募集金額1.79億円
募集方式先着
募集期間2023年8月8日 12:00 ~ 8月25日 14:00
担保・保証無し(SAMURAI ASSET FINANCEに対して)

・不動産クラファンではなくソーシャルレンディング(貸付型ファンド)
・グループ会社である「SAMURAI ASSET FINANCE」への貸付
・最終資金需要者は国内事業者2社
・最終資金需要者に「債務超過ではない&事業継続性に懸念がない」ことを確認
・返済原資は運営者の自己資金による返済または借換資金による返済を想定

国内分散中期運用型ファンドのスキーム図

最大の特徴はグループ会社による償還スキーム

万一、最終資金需要者の財務状況が悪化等に陥り、最終資金需要者からの貸付金が回収不可等の状況となった場合でも、運営者の自己資金又は借換資金による返済によって償還されるスキームとなっております。

ただし、上記の最終資金需要者からの貸付金の回収が不可となった等のケースにおいて、尚且つ運営者の自己資金又は借換資金にて営業者へ貸付金を返済できない場合、ファンドの償還が遅延又は毀損する場合がございます。

運営者はファンドによる調達以外にも、親会社とのコミットメントライン契約(極度額10億円)にて資金の確保をおこなっております。

【ファンド説明文より引用】

元本保証ではありませんが、運営者である「SAMURAI ASSET FINANCE」が責任を持って償還を行うスキームになっています。

コミットメントライン契約のスキーム図

Alterna Bank(オルタナバンク)の信頼性を確認

グループ会社一覧
・合同会社Y FUND
・SAMURAI FINANCIAL HOLDINGS株式会社
・SAMURAI証券株式会社(ファンド募集)
・SAMURAI CAPITAL MANAGEMENT1号合同会社(営業者)
・SAMURAI ASSET FINANCE株式会社(運営者・貸付先)

SAMURAI証券の財務状況(2022年12月期)
純損益0.45億円
純資産3.91億円
総資産12.21億円
従業員25名

こちらのPDFを参照しました。
証券会社だからこその透明性の高さです。

SAMURAI ASSET FINANCEの財務状況(2022年12月期)
純損益-0.20億円
純資産2.59億円
総資産59.10億円
営業貸付金48.15億円

こちらのPDFを参照しました。

グループ代表「山口慶一」氏について
山口慶一氏

・神奈川県横浜市出身(1987年誕生)
・大学在学中に公認会計士試験に合格
・デロイトトーマツ(有限責任監査法人トーマツ)へ入所
・きずな綜合会計事務所を創業(代表)
・Nexus Bank(JASDAQ上場)の代表取締役社長に就任
・SAMURAI FINANCIAL HOLDINGS株式会社を創業
・SAMURAI証券とSAMURAI ASSET FINANCEをMBO

Jトラストグループであった「Nexus Bank」から独立した形です。

グループ主要メンバー
オルタナバンクの主要メンバー(役員)

カナメ先生の見解

良い
・証券会社が運営
・スタッフの情報が充実(顔&経歴)

悪い
・見えない部分が多い(最終資金需要者)
・不動産担保がない

分からない
・グループ会社による償還スキーム(良くも悪くもある)
・グループ全体における資本力(見えない)

非常に判断の難しいサービスです。
悪意(詐欺など)や杜撰な雰囲気は感じません。

しかし、不透明性や不確実性にやられてきたソーシャルレンディング投資家としては、しっかりと不動産担保が紐づいているファンド以外には入れづらいところです。

逆に考えれば「だからこその高利回り」とも言えます。

決してリスクの低いサービスではないため、投資する場合は最悪の事態を考えた投資金額にしてください。

評価BAlterna Bank(オルタナバンク)の公式ホームページ

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴23年。ソーシャルレンディング歴9年。運用資産4億円以上。
IT会社経営、薬局経営、新築アパート投資、株式投資、REIT投資、クラファン投資などの幅広い経験が武器であり、「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
ブログの同カテゴリ記事一覧

利回り8.0%!借り手がTRIAD社で不動産担保付きの好条件ファンドが登場
利回り7.5%のリニア残土受入地ファンドが3年目突入!前回との変更点を確認
最高利回り45.71%!COZUCHIのリセールファンドで投資すべきファンドは?
COZUCHIの110億円ファンドって大丈夫?京都ホテルファンド フェーズ2
激アツな利回り10%ファンド!手堅い不動産担保付きでTRIAD社に融資できる
全記事の一覧

一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
[5358] no name(2023-09-13 18:14:11)
不動産担保の案件は、詳細情報が見当たりません。
最終貸し付け先が海外の会社は、調べても良く分かりません。
限定情報の所に、もっと詳しい情報を書いて欲しいです。
利率は魅力的なので、ぜひ情報出しお願いします!
[5352] no name(2023-09-13 15:03:20)
オルタナとレンディックスは償還後ソッコー運用開始系だから、1%位アップするイメージ。
ちんたら2ヶ月後償還とかのクラファンはまじ改善してもらいたい。
[5349] no name(2023-09-13 13:48:36)
でも年6.5%はまあまあの利率ですね。
もっと安心できる情報が出れば買いたいね。
[4369] no name(2023-08-24 20:08:08)
かなめ先生おっしゃる通りで、最終貸し出し先の情報が少ないと思います。
中の人見ていたら是非改善して欲しいです。
ソーシャルレンディング格付けランキング
Twitter