先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本(17)メリット(9)リスク(10)会社比較(15)発展(1)用語集(7)運営者紹介(1)
maneo分析ツール(12)BLOG(18)掲示板(5)

テイクオーバーホールディングスの調整見舞金を完全解説

最新情報:7月14日

2018年7月14日に「見舞金に申し込んだ方から情報提供」をいただきました。「テイクオーバーホールディングスWEBサイト」「元みんなのクレジットWEBサイト」「2ch」「Twitter」には新しい情報はありませんでした。

みんなのクレジット事件の経緯

2016年4月みんなのクレジットがサービスを開始。代表は白石伸生氏。
2016年10月キャッシュバックキャンペーンや高金利をウリに成立ローンが15憶円を突破。
2017年3月関東財務局より行政処分を受ける。内容は「貸付が親会社グループに集中している」「投資家への返済を他ファンドの資金から充当している」「担保内容が不明瞭」など。(関東財務局
2017年4月代表が「白石伸生」から「阿藤豊」に交代。
2017年8月東京都産業労働局より行政処分を受ける。
2017年9月投資家が損害賠償請求起訴を提起。
2017年12月貸付先のテイクオーバーホールディングス(代表・白石伸生)に起訴を提起。
2018年2月債権回収会社に債権を1億円で譲渡。実質的な未償還決着。
2018年3月テイクオーバーホールディングスが「調整お見舞金」を支払うと発表するが、極めて不審な内容。
2018年3月みんなのクレジットが「スカイキャピタル」に社名変更。

2018年3月26日:テイク社から調整見舞金の提案

先日ご案内のとおり、(株)テイクオーバーホールディングスグループ(以下、T社グループ)は、 (株)みんなのクレジット社(以下、「みんクレ社」)のローンファンドにご投資され、その後みんクレ社の行政処分による営業停止から債権譲渡に至る経過の中で生じた投資家の皆様の投資損失額に相当する部分の金額について、「調整お見舞金」として支給させていただきます。

そもそも当社としては、みんクレ社に対して調停期間中から一貫して分割返済を申し入れておりました。しかしながら、甚だ遺憾ではありますがその申し出は受け入れられず、債権譲渡によりT社グループとみんクレ社間の債権債務は法的には存在しなくなりました。

しかしながら、T社グループがみんクレ社の投資家の方々からの資金を原資とする融資を受けていた事実は消えるものではなく、T社株主及びスポンサー主導でSPC(特別目的会社)を設立し、専用フォームからお申し込みのあった全投資家に対して「調整お見舞金」として、投資損失相当額を支給させて頂くことと致しました。

【テイクオーバーホールディングスのWEBサイトより引用】

一見すると親切な文面ですが、申し込みをしようとすると以下の内容に同意する必要があります。

・本件の内容についてブログやSNSで口外しない
・違反者は違約金として損失相当額満額の倍額を支払うこと
・テイク社に対して訴訟は起こさないこと
・期限と支払い回数は未定であり不服は言わないこと
・日本円でなく外貨や仮想通貨での支払いもある
・損失相当額満額が支払われなくても訴訟は起こさないこと

完全にプロの手口です。また、気になる「仮想通貨」というキーワードに関してですが、白石氏の父がホワイトストーンコインという仮想通貨を発行しています。

2018年4月11日:調整お見舞金の申し込み期間終了

たくさんのお申し込み、ありがとうございました。
お送りいただいた申請資料を厳格に審査させて頂き、5月末頃より個別にお振込みを開始させて頂きます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
【テイクオーバーホールディングスのWEBサイトより引用】

「厳正に審査」と「個別にお振込み」という部分に疑問を感じます。一体、何を審査するのでしょうか。

2018年5月31日:調整お見舞金の支払い開始?

過日、たいへん多くの方々にお申込みいただきました【みんなのクレジット調整お見舞金】に付きまして、本日より第一回の振込みを開始いたしました。

振込みについては、申請をいただきました方々それぞれの実損金額等により、一括でのお支払いの方と分割でのお支払いとなる方がいらっしゃいます。 また、振込開始日につきましてもデータ照合完了の方からスタートさせて頂き、すべての方が同時に開始となるものではございませんのでご了承下さいませ。 手続対象者が数多くいらっしゃいますので、全ての対象者のデータ照合、振込み完了までお時間をしばし頂きたく存じ上げます。

【テイクオーバーホールディングスのWEBサイトより引用】

今のところ「実際に振込があった」という情報はありません。

情報提供にご協力ください

メールアドレス

みんなのクレジット事件に関する様々な情報を募集しています。「申込をしたけれど見舞金をまだ受け取っていない」など、どんな些細なことでも構いません。投資家同士の情報共有にご協力ください。証拠となる画像(スクリーンショット)なども送っていただければ幸いです。いただいた情報をサイト上で利用する場合は、個人が特定できないように配慮いたします。

関連記事:みんなのクレジット詐欺事件

みんなのクレジット詐欺被害者が出来ること
テイクオーバーホールディングス調整見舞金の情報提供一覧
まずは「みんなのクレジット事件」を学ぼう
みんなのクレジット掲示板

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 SBIソーシャルレンディングに延滞金の回収プランを聞いてみました 7月20日
2 [寄稿] maneoとグリーンインフラレンディングの怪しい関係 7月19日
3 maneoによるグリーンインフラレンディング投資家説明会の5chまとめ 7月18日
4 グリーンインフラレンディングが元本返済!? 7月18日
5 [寄稿] JCサービスに対する補助金返還命令の詳細情報と投資判断のポイント 7月15日
6 みんなのクレジット詐欺被害者が出来ること 7月14日
7 maneoマーケットの行政処分(業務改善命令)に対する見解 7月14日
8 テイクオーバーホールディングス調整見舞金の情報提供一覧 7月14日
9 テイクオーバーホールディングスの調整見舞金を完全解説 7月14日
10 SBIソーシャルレンディングの延滞中元本額の一覧 7月12日
11 グリフラの親会社「JCサービス」に補助金の全額返還命令(約3億円) 7月12日
12 SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ!投資資金は返ってくるのか? 7月12日
13 グリーンインフラレンディングの募集停止とNHK報道の完全解説 7月12日
14 SBISL不動産バイヤーズローンファンドのLTV全一覧 7月10日
15 [寄稿] maneoの高利回り太陽光案件に対する考察 7月9日
16 [寄稿] グリーンインフラレンディングの怪しい案件に対する考察 7月9日
17 maneoマーケットに行政処分勧告の完全解説 7月7日
18 SBIソーシャルレンディングのファンド報告書 6月30日
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
マネオ徹底分析