先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本(17)メリット(9)リスク(10)会社比較(15)発展(1)用語集(7)運営者紹介(1)
maneo分析ツール(12)BLOG(18)掲示板(5)

延滞(返済遅延)の実例と実態

重要度 ★★★★
ここがポイント!
  • 延滞は大手ソーシャルレンディング会社でも発生している。
  • やはり、高利回り案件での延滞が目立つ。
  • 行政処分を受けたラッキーバンクの動向に注目が集まっている。

maneoにおける延滞・返済遅延の事例

maneoでは、2017年3月29日に3案件の延滞発生を報告しています。この延滞事案に関しては、2017年11月9日に全額回収の報告がありました。

また、2018年3月2日に4案件の延滞発生を報告しています。この案件は5~10%程度のハイリスク&ハイリターン案件として募集していたものです。2018年6月18日時点では回収完了の報告はありません。融資先はラーメン店を8店舗経営している企業ですが、売上下落による現在は3店舗が閉店となっているそうです。

SBIソーシャルレンディングにおける延滞・返済遅延の事例

カンボジア技能実習支援ローンファンド・延滞

SBIソーシャルレンディングでは、10%の高利回り案件「カンボジア技能実習生支援ローン」で延滞が発生しています。延滞額が貸付額全体の8.2%となかなかの割合であり、最終的に元本割れになる可能性もあります。

ラッキーバンクにおける延滞・返済遅延の事例

2018年2月に行政処分勧告を受けたラッキーバンクは、2018年5月に大量の延滞遅延を報告しています。しかも、主な融資先はラッキーバンク田中社長の親族が経営する不動産会社「X社」とのことで、非常に不安を感じる展開となっています。

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1 まずは「みんなのクレジット事件」を学ぼう ★★★★★
2 ソーシャルレンディングにおける3種類のリスク ★★★★★
3 貸し倒れ(デフォルト)の実例と実態 ★★★★
4 延滞(返済遅延)の実例と実態 ★★★★
5 様々な業界の貸倒率を知っておく ★★★★
6 損失補填はしているのか? ★★★★★
7 匿名組合の仕組みと弱点 ★★★★★
8 金融業の資格があっても安心とは限らない ★★★★★
9 ソーシャルレンディングにおける担保の意味と安全性 ★★★★
10 債権回収会社への譲渡は実質的な終わり ★★★★★
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
マネオ徹底分析