先生
大事な資産を確実に増やす技術を習得しよう
ソーシャルレンディング投資の学校
生徒たち
基本編(17)メリット(9)リスク(10)発展編(6)用語集(7)maneo分析ツール(12)
会社の格付ランキング(11)経営者分析(11)BLOG(41)掲示板運営者紹介

オーナーズブック・エクイティ型 第1号「秋葉原オフィスビル案件」の解説

投稿日:2018年8月9日 | 執筆者:カナメ先生
最新案件がものの数分で満額締切となってしまった大人気のオーナーズブックから、注目の「エクイティ型ファンド」が登場しました。
8月10日(金) 18:00に募集開始です。

[募集結果] 無事に投資出来ました。3分で完売となりました。

そもそもエクイティ型ってなに?

従来の方式は、融資型・貸付型と呼ばれる通り「お金を貸す立場」でした。エクイティ型は「オーナー(受益権を所有する側)の立場」となります。

エクイティ型の説明図

貸付型エクイティ型
収益融資に対して金利を手に入れることができます。家賃収入や売却益を手に入れることができます。
利率固定です。家賃や稼働率に応じて変動します。また、受益権(物件)を高く売却できれば多くのお金が入ってきます。
損失物件価値が下がっても優先的に返済を受けることができます。抵当順位が高いほど安全性が高い。物件価値が下がれば直接的に損失が発生します。ただし、出資額以上の損失を負うことはありません。

投資物件・秋葉原オフィスビルの情報

名称秋葉原オフィスビル
住所千代田区神田須田町一丁目7番地8
築年・構造2008年3月に竣工した鉄骨造地上12階建の店舗・事務所ビル
賃貸可能面積829.48㎡(250.91坪)
賃貸状況 12フロア中10フロアを9社に賃貸中(稼働率86%)
1階店舗及び4階事務所が空室(2018年8月1日現在)
家賃基準 現行月額賃料(共益費込)は平均13,300円/坪。外部専門家により査定された事務所部分の新規月額賃料(共益費込)は17,000円/坪。店舗部分の新規月額賃料(共益費込)は30,000円/坪。

案件の情報

最低投資額100,000円/1口(5口以上)
募集総額2憶6,500万円(目標最低額は1億8,550万円)
最大応募可能人数475人
想定運用期間2年11ヶ月(35ヶ月)
想定利回り((IRR)7.0%
運用報告年1回(毎年9月末日予定)
分配時期年1回(毎年9月末日予定)
アセットマネジャーロードスターキャピタル株式会社

いつもと投資方法が異なります

投資が決定した時点でオーナーズブックから「振込金額及び振込先口座」の連絡が来ます。振込先はオーナーズブックではなくLD1合同会社ですが、心配はありません。

魅力(1) レバレッジを効かせた投資ができる

不動産投資家は家賃を増やすためにレバレッジ(負債で投資規模を大きくして利益を増やすこと)を効かせます。例えば、1000万円の自己資本で利回り4%の不動産を購入したら1年に40万円の収入になりますが、1000万円を借りて2000万円の不動産を購入すれば1年に80万円の収入になります(銀行金利は無視)。

オーナーズブックのエクイティ型案件ではこのようなレバレッジ効果を金融機関との面倒な手続きをせずに効かせることができます。

魅力(2) ロードスターキャピタルは不動産のプロ集団

そもそも、オーナーズブックを運用する「ロードスターキャピタル」は不動産のプロ集団です。東京23区内のオフィスビルを購入し、付加価値を高めてから売却し続けることで、会社設立から5年でマザーズに上場させたほどの実力です。当案件はプロ集団が手掛けるビジネスに相乗りできるチャンスと言えます。

魅力(3) ロードスターキャピタルも投資に加わる

当案件にはロードスターキャピタルも投資に加わり、投資家と同じリスクを背負います。今のところ「どの程度の投資規模なのか」は分かっていません。

不満点:直前にも関わらず未公開情報が多い

以下の6資料が「追って公開されます」と記載されています。
募集が明日に迫っているので早い公開が望まれます。

・投資スキーム図(公開されました)
・想定収支サマリー(重要事項説明書に添付)
・購入時資金計画(重要事項説明書に添付)
・金融商品取引法に基づく告知書(公開されました)
・賃貸マーケット分析資料(公開されました)

投資家の反応・評判

「オーナーズブックでハイリスク案件って需要あるのかな?」
「35ヶ月ってなかなか長いですね」
「利回り7%ならSBISLやLCあたりで良いのでは?」

私の見解

「情報が遅い(想定収支サマリーなど)」「運用報告が少ない(四半期ぐらいは欲しい)」「結局のところプレリートファンドやREITと大差ない」などの難点はありますが、「ロードスターキャピタルのビジネスに相乗りできる」ということで非常にワクワクしています。絶対買います。

ただし、非常にリスクが高いので少額投資にすることをオススメします。エクイティ型は貸付型以上に十分な分散を心掛ける必要があります。

安全性A+OwnersBook(オーナーズブック)の公式ホームページ

関連記事:OwnersBook(オーナーズブック)

OwnersBook(オーナーズブック)の評価と完全解説
岩野達志さんの経歴 | オーナーズブック
NEW!(8月13日)
ロードスターキャピタルが決算発表・2018年12月期第2四半期

カナメ先生
この記事を書いた人
21歳から投資をはじめて投資歴17年。ソーシャルレンディンへの投資額はトップクラスの個人投資家。「凡人なりに出来ることをコツコツと堅実に行うこと」がモットーです。
1
NEW!
maneoマーケットが業務改善命令に基づく改善対応策を提出
8月14日
2
NEW!
ロードスターキャピタルが決算発表・2018年12月期第2四半期
8月13日
3
NEW!
AQUSHのサービス終了後の元本回収はどうなるのか?
8月13日
4 トラストレンディングの運営会社が決算発表・2018年6月期 8月11日
5 8月20日(月)maneoの投資家向け無料説明会開催 8月10日
6 SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号が不成立だった理由 8月10日
7 SBIソーシャルレンディング・法人口座の作り方 8月10日
8 ラッキーバンクが延滞していた案件の元本を一部償還 8月10日
9 [案件考察] ガイア テキサスレジャーパーキングファンド4号の考察 8月9日
10 オーナーズブック・エクイティ型 第1号「秋葉原オフィスビル案件」の解説 8月9日
11 [寄稿6] 最近のJCサービスの動き(社員解雇・給与・案件売却) 8月8日
12 クラウドバンクの「カリフォルニア不動産を見に行こう!」キャンペーン 8月7日
13 LENDEXの不動産担保査定は東急リバブルから変わったのか? 8月6日
14 グリーンインフラレンディングの募集停止とNHK報道の完全解説 8月3日
15 ラッキーバンク延滞事件の完全解説!貸し倒れとなるのか? 8月2日
16 LCレンディングス親会社・2019年3月期 第1四半期決算の解説 8月2日
17 クラウドバンク・サマーキャンペーンでAmazonギフト券がもれなく貰える 8月1日
18 日本クラウド証券(クラウドバンク)が黒字化!2018年3月期の業績公開 8月1日
19 SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ 7月31日
20 maneoによる第2回グリーンインフラレンディング投資家説明会 7月27日
全ての記事を読む
一言掲示板 : 情報交換、改善希望、質問など
BLOG
NEW!(8月14日)
maneoマーケットが業務改善命令に基づく改善対応策を提出
NEW!(8月13日)
ロードスターキャピタルが決算発表・2018年12月期第2四半期
NEW!(8月13日)
AQUSHのサービス終了後の元本回収はどうなるのか?
[8月11日]
トラストレンディングの運営会社が決算発表・2018年6月期
[8月10日]
8月20日(月)maneoの投資家向け無料説明会開催
[8月10日]
SBISLメガソーラーブリッジローンファンド15号が不成立だった理由
[8月10日]
SBIソーシャルレンディング・法人口座の作り方
[8月10日]
ラッキーバンクが延滞していた案件の元本を一部償還
[8月9日]
[案件考察] ガイア テキサスレジャーパーキングファンド4号の考察
[8月9日]
オーナーズブック・エクイティ型 第1号「秋葉原オフィスビル案件」の解説
[8月8日]
[寄稿6] 最近のJCサービスの動き(社員解雇・給与・案件売却)
[8月7日]
クラウドバンクの「カリフォルニア不動産を見に行こう!」キャンペーン
[8月6日]
LENDEXの不動産担保査定は東急リバブルから変わったのか?
[8月3日:更新]
グリーンインフラレンディングの募集停止とNHK報道の完全解説
[8月2日]
ラッキーバンク延滞事件の完全解説!貸し倒れとなるのか?
[8月2日]
LCレンディングス親会社・2019年3月期 第1四半期決算の解説
[8月1日]
クラウドバンク・サマーキャンペーンでAmazonギフト券がもれなく貰える
[8月1日]
日本クラウド証券(クラウドバンク)が黒字化!2018年3月期の業績公開
[7月31日:更新]
SBIソーシャルレンディングから分配不能のお知らせ
[7月27日]
maneoによる第2回グリーンインフラレンディング投資家説明会
全ての記事を読む
ソーシャルレンディング格付けランキング